薬剤師バイトは勤務時間も自由自在!

薬剤師バイト > 短時間からでも働くことができる薬剤師バイトの求人

短時間からでも働くことができる薬剤師バイトの求人

短時間からでも確実な収入に繋げることができるのがアルバイト薬剤師求人の魅力です。働く時間に融通がきく点も魅力的です。短時間での労働ができ、勤務の頻度に対する要望を通すことができる柔軟さも兼ね備えています。

子どもがいたとしても、保育園に通わせることができるのであれば、フルタイムに近い薬剤師バイトも可能です。幼稚園など比較的短時間の保育に通わせたとしても、薬剤師として働く道は残っています。行事に合わせて休むことができるところも多いのが現状です。

現在、現場で活躍する薬剤師は不足しています。国家資格を有している薬剤師は数多く存在するものの、現場で機能している人材はまだまだ充足していないのです。だからこそ、短時間であっても働いてもらいたいというところは多く、それが求人数にも反映されています。

働く頻度を柔軟に検討することができる環境で働くことができるのであれば、生活の質を落とすことなく理想の収入を得ることも可能です。環境の変化に合わせて仕事に向かう状況が調節できるのであれば、十分なメリットが薬剤師バイトにあると感じる方も多いのではないでしょうか。

働く環境によって融通の善し悪しはあるにしても、薬剤師として働いてくれるのであれば大歓迎という環境が多いのも現代の特徴です。採用側としても、自由に休みが取れるような環境でなければ、いつまでたっても人材が充足されないという現状を受けて、現在のスタンスになっているのです。

薬剤師バイトで扶養外になるような収入を得ることも十分可能です。働くスタンスを検討しながら扶養の範囲内に収めることもできるところがあるので、採用の面接などで率直に相談するのがベスト。

仕事と家庭の両立にも過大な負荷をかけない薬剤師バイトは、専門性を活かした高時給と、時間や頻度に対する柔軟性を備えた環境としても、多くの人気を集める条件がそろっています。調剤薬局やドラッグストアをはじめ、病院でも短時間での採用が存在します。

保険薬剤師について

薬剤師の基本的な業務といえば、調剤業務ですよね。 ですが、薬剤師の資格を持ってさえいれば、全ての調剤業務を行うことができるというわけではないのです。

薬剤師資格を持っていても担当できない調剤というのは、保険が適用となる保険調剤です。 保険調剤を取り扱うためには、保険薬剤師という資格を取得しなければなりません。

日本の保険制度といえば、健康保険制度ですよね。 これにはほとんどの人が加入しており、医療機関にかかる際に活用されます。

医療機関で保険制度を取り扱う際には保健医療機関として指定される必要があるのですが、薬剤師も保健医療に携わる際に「保険薬剤師」として登録をする必要があるのです。 つまり、保険薬剤師として登録をしていなければ、保険調剤の取り扱いができないということです。

薬剤師が最も多く活躍している職場といえば、調剤薬局ですが、調剤薬局で取り扱う調剤の多くは健康保険などの保険制度を利用したものですよね。 そのため、基本的に調剤薬局で働くためには保険薬剤師でなければならないと考えていいでしょう。

他に、薬剤師が多く働いている職場として知られているのはドラッグストアです。 ただ、ドラッグストアで働く場合には特に保険薬剤師である必要はありません。 注意しなければならないこととして、ドラックストアの調剤併設店で働く場合には保険薬剤師として登録をしておく必要があります。

保険薬剤師として登録するためには大変な勉強をしなければならないというわけではなく、手続きと研修だけで済みます。 登録手続きは勤務先の管轄の地方厚生局で行う形になるので覚えておきましょう。

保険制度を取り扱う医療機関以外で働いていた人が調剤薬局などへ転職する場合も、保険薬剤師として登録を行う必要があります。

転職をする際に保険薬剤師としての登録を行わなければならない場合、職場が代行してくれる場合もありますが、自分で行わなければならないことも多いので、まずは職場に確認をしてみるといいですね。

病院薬剤師の将来

薬剤師にとってどんな職場が人気なのかというと、一番人気となるのが製薬会社です。 製薬会社では日々新薬の開発を行っていますが、ひとつの薬を開発するまでにかかる年数は非常に長いという特徴があります。

逆に言えば、何年も安定して運営することができる会社でなければ製薬会社として成り立たないということですね。 つまり、長年に渡り安心して働くことができる会社だということです。

そういった意味で安定性を求めて製薬会社での勤務を希望する人が多いようです。

次に人気がある職場は病院です。 病院も安定感は非常に高いですよね。

実は病院薬剤師は希望をする人が多いのに対し、募集人数はそれほど多くありません。 そのため、病院薬剤師として働きたかったものの選考に漏れてしまったために他の職場で働いているという人も多いようです。

ですが、病院薬剤師はそれほど収入が多くないとしても知られています。 年収に関して言うと、たくさん稼いでいる人でも800万円、少ない人だと600万円ほどだと言われているのが現状です。

がんばって就職できたとしても、それに見合った年収が得られるのかというと怪しいところです。 それなのになぜそこまで人気があるのでしょうか。

その大きな理由として挙げられることが、安定性に関することと、転職活動をする際に有利に働くということです。 病院薬剤師として勤めていた経験は、他の職場にいってからも重宝されます。

一般的に薬剤師の資格を持っていても40代以降は転職活動が難しくなってしまうと言われますが、病院薬剤師として勤めていた経験がある人ならば他の職場でも歓迎してもらうことができるのです。

ただ、先に説明したように病院薬剤師は非常に競争率が高いです。 地方の病院はまだ人手が足りていないところがありますが、あまり人気がない地域を狙って病院薬剤師を目指している人も少なくないので、基本的にどの地域でも病院薬剤師として採用してもらいたいのならば努力が必要になります。